松井大輔助教

略歴

1984年函館市生まれ、博士(工学)(2014年, 東京大学)

・新潟大学工学部建設学科卒業(2007), 同大学院自然科学研究科 博士前期課程修了(2009)

(岡崎篤行研究室・都市計画)

・東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 博士課程修了(2013)

(西村幸夫・北沢猛・窪田亜矢研究室・都市デザイン)

・立命館大学理工学部都市システム工学科 産学連携PD(2013)

・同大学総合科学技術研究機構 専門研究員(2014)

を経て2014年7月より, 新潟大学工学部建設学科 助教(建築学コース都市計画研究室)

主な研究課題

・都市保全、景観保全に関する計画技術

・住民参加、行政関与の手法論

・伝統的市街地の空間的特徴

・地方中小都市における歴史的建造物の活用手法

・ナショナルトラスト運動

主な所属学会・団体

・日本建築学会

・日本都市計画学会

・全国町並み保存連盟

・日本ナショナルトラスト

・新潟まち遺産の会

・風待ちの会(佐渡市小木)

・The National Trust for Historic Preservation

主な委員等

・公益財団法人日本ナショナルトラスト 地域遺産支援プログラム検討会(2010/4-)

・飛騨市 まちづくり協議会景観専門部会 アドバイザー(2013/7-)

・南砺市 城端生き活きプロジェクト アドバイザー(2013/12-)

主な著書

・NPO法人粋なまちづくり倶楽部編(2013)『粋なまち神楽坂の遺伝子』松井大輔「花街という遺伝子の具体像と発展的継承」pp.130-147, 東洋書店

・神楽坂キーワード第2集制作委員会編(2010)『神楽坂キーワード第2集 粋なまちづくり-過去・現在・未来-』東京大学都市デザイン研究室「第6章 外から見た神楽坂」pp.165-183

主な論文(査読有りのみ)

 ・木原佑希子・松井大輔(2017)「南砺市城端における絹産業遺産の分布及び絹織物工場の外観形態」日本建築学会技術報告集No.54、掲載決定

 

・久保有朋・岡崎篤行・松井大輔(2016)「花街を構成する建築物に関する分布の変遷-明治初期から現在における新潟市中央区古町の三業を対象として-」日本建築学会計画系論文集726号、pp.1695-1703

 

・宮島悠夏・岡崎篤行・松井大輔(2016)「花街の景観演出要素としての提灯の掲出-京都五花街を中心として-」日本建築学会技術報告集No.51、pp.739-742

 

・堂本友里江・岡崎篤行・松井大輔(2015)「景観計画における色彩基準の運用実態-アクセントカラーと裁量型基準に着目して-」日本建築学会技術報告集No.49、pp.1235-1240

 

・佐藤智文・岡崎篤行・松井大輔(2015)「北海道・東北地方の花街における建築用途の変遷-山形市七日町・酒田市今町を中心として-」日本建築学会技術報告集No.49、pp.1223-1228

 

・松井大輔・岡井有佳(2014)「阪神間における条例に基づくパチンコ店の立地規制の実態-芦屋市の事例を中心に-」第49回日本都市計画学会学術研究論文集、pp.501-506

 

・松井大輔, 岡井有佳(2014)「先斗町花街における茶屋の減少に伴う火災危険性の変化」歴史都市防災論文集Vol.8, pp.211-216, 立命館大学歴史都市防災研究所

 

・松井大輔, 窪田亜矢, 西村幸夫(2012)「登録有形文化財の申請過程における官民協働の利点と課題-新宿区神楽坂における実践を通して-」第47回日本都市計画学会学術研究論文集, pp.613-618

 

・松井大輔, 窪田亜矢(2012)「神楽坂花街における町並み景観の変容と計画的課題」日本建築学会計画系論文集680号, pp.2407-2414

 

・松井大輔, 窪田亜矢, 西村幸夫, 鈴木伸治(2011)「所有者同意を必要としない登録制度による近代建築の保存に関する考察-横浜市の登録・認定歴史的建造物制度を事例として-」第46回日本都市計画学会学術研究論文集, pp.217-222

 

・Ryusuke Saito, Atsuyuki Okazaki, Daisuke Matsui (2011)「Implementing a program to assist the formation of intermediary organizations on historic preservation: The case of the Statewide and Local Partners Program in the U.S.」Journal of International City Planning, pp.109-118

 

・土屋哲, 岡崎篤行, 松井大輔(2009)「確認型総合設計制度に関する適用状況の変遷と制度的課題-全国の特定行政庁を対象として-」第44回日本都市計画学会学術研究論文集, pp.13-18


・松井大輔, 岡崎篤行(2009)「自主条例から移行した法定景観計画における制度内容の進展状況と課題-全国における景観計画の運用実態に着目して-」第44回日本都市計画学会学術研究論文集, pp.7-12

 

・松井大輔, 岡崎篤行(2007)「目標都市像を踏まえた景観形成における合意形成過程に関する研究-函館市における基準遵守建物による高さ問題を事例として-」第42回日本都市計画学会学術研究論文集, pp.79-84

主な調査・計画等

・公益財団法人アーバンハウジング(2014)「京都の都心居住と京町家に関する研究報告書」A4・168p

 

・東京大学都市デザイン研究室(2012)「神楽坂の断片-「らしさ」を紐解く50のデータ-」A4・105p

 

・文部科学省文化庁(2011)「都市部の近代建築に対する保存手法の事例集」東京大学都市デザイン研究室編集、A4・101p

 

・国土交通省観光庁(2010)「地域の観光振興のための地域遺産の管理・活用状況調査等事業」㈶日本ナショナルトラスト編集、A4・149p

 

・国土交通省観光庁(2009)「地域の観光振興のための地域遺産の保全及び活用におけるボランティアのあり方検討事業」㈶日本ナショナルトラスト編集、A4・P124、※編集協力のみ

 

・長岡造形大学木村研究室・新潟大学都市計画研究室(2008)「佐渡市宿根木見直し調査報告書」A4・141p

 

・新潟大学都市計画研究室(2008)「町人文化の残る港町 佐渡市小木町 まちなみ探索地図」A3両面

受賞歴

日本都市計画学会論文奨励賞(2013年度)

「歴史保全型まちづくりに対する行政関与に関する研究-住民・市民関与との相互関係の変化に着目して-」

詳しくはこちら